事故歴があると審査に通りにくい

事故歴があると審査に通りにくい

過去にローンの事故歴があると新たな融資は難しくなります。過去にローンの滞納をしたことがある方、自己破産などの債務整理の経験がある方は注意しなければなりません。

  1. 延滞履歴は1年前後情報が残る
  2. 債務整理は5年前後情報が残る

多くの場合延滞履歴で1年、債務整理で5年ほど信用情報機関にその内容が残ります。この間は新たなローンの審査に通りにくくなります。これはキャッシングだけでなく、住宅ローン、マイカーローン、クレジットカード作成など様々な融資に影響が出る可能性があるためこれらの事故は避けたほうが良いといえます。

 

ここで疑問となるのが絶対にこの期間中は新たな審査に通らないのか?ということではないでしょうか。滞納歴については内容によっては多少配慮されることはあるかもしれません。債務整理はかなり難しくなりやすいく、お金がどうしても必要な場合は公的支援が得られないか相談することをおすすめします。

 

もし滞納歴があって新たに審査に通ったとしても、5万円までならいいですよ、など小額融資となるためそのことは覚えておいてください。どちらにしても滞納は続けて2〜3ヶ月してしまうのは避けるのが一番です。滞納は長期間支払いをしていない場合は悪質者と判断され、小額融資であっても新たな審査は通りにくくなります。